筋肉をつけたいけど筋肉痛が嫌。という方へ

運動をすれば、筋肉痛は必ずと言っていいほどきますね。
筋肉痛が起こると歩くのも嫌になるほどです。

 
特に、健康のために筋肉をつけたい人には邪魔な存在と言っても過言ではないほど、筋肉痛はつらいのではないでしょうか?

 
筋肉痛を和らげたり、避けたりする方法はあるのでしょうか?

【筋肉痛は筋肉を使っていなかった証拠】

さくっと答えてしまうなら、筋肉痛を避ける方法はありません。
今まで使っていなかった筋肉に負担をかけ、鍛えようというのですから当然といえば当然です。

 

筋肉は使用すると筋肉自身に傷がつきます。
この傷が筋肉痛の原因です。
その傷が修復されて、より強い筋肉となり、またそれを繰り返すことで強固な筋肉が出来上がるわけです。

 

【筋肉痛になったら…】

筋肉痛になるということは、中で筋肉が傷つき炎症が起こっているのと同じ状態です。

 
まずは冷やして炎症を抑えてあげましょう。
本来は使った筋肉を痛くなる前に冷やすのがいいのですが、痛くなってから「あ!」と思う人が大半なのではないでしょうか。

 
それからでも遅くはないので、最初は冷やしておきましょう。
次は軽く温めて、筋肉痛が治まるまで無理に負担をかけないことです。
無理に動かし続けても、痛みはもちろん消えるわけではないので動かす範囲はほどほどにしておいてください。

【筋肉をつけたいから無理をする】

…というのはやめておきましょう。
筋肉は無理に運動をするからつくというわけではありません。
逆に痛みがつらくて動けないのではないでしょうか?

 

筋トレや運動をして筋肉痛になったら、筋肉痛が治まるまで運動をやめます。
そして、よくなったらまた筋トレや運動をしましょう。
これを繰り返すことが効率よく筋肉をつける方法です。
(筆者知り合いの筋肉マニアよりアドバイスを受けました。)

 

【痛みともうまく付き合いましょう】

筋肉痛が起こるということは、筋肉が成長しようとしている証拠です。
この痛みを繰り返し何度も経験して、筋肉は大きく強くなっていきます。
「筋肉痛は邪魔だ!」

 

と思うでしょうけど、この痛みとうまく付き合っていくことで、自然と痛みがなくなっていくものです。

 

ただし、痛みがあまりにもひどい場合や「腫れてくる」「熱が出る」などの症状がある場合は、筋肉痛ではない可能性があります。
肉離れや骨の異常(ヒビなど)だったら大変なことになります。

 
自分で判断して自然治癒に任せるなんてことせずに、きちんと医者に診てもらうのがいいでしょう。
それもまたより良い体を作る手段ですよ。

運動で関節痛が起きる原因とその対策について。

関節痛の原因で最も大きなものとしては加齢が挙げられますが、加齢以外でも関節痛が起きることはあり、10代や20代の比較的若い人でも起きてしまうことはあります。

 

若い人の場合は運動が原因で関節痛を発症してしまうこともあり、もし関節痛を引き起こしてしまった場合には早めに対処をして症状がひどくなったり長引いたりしないようにしておくべきです。

運動で関節痛が起きる原因について

運動をしている時には体のさまざまな箇所を痛めてしまうリスクがあるのですが、特に足の関節においては普段歩く時とは違った筋肉を使ったりすることで痛みを感じやすくなるものです。

 

もともと運動をしていないという人、もしくは運動を以前していたけれども最近はブランクがあってやっていないという人は特に関節痛を引き起こしやすくなります。また運動をしている人でも、普段やっていないような種目をやった際には関節痛を引き起こすことが考えられます。

 

例えばテニスや卓球など上半身を使うスポーツをする際には、腕の関節痛が起きることが考えられます。またランニングなど単に走るだけだと思って油断してしまって坂道をハイスピードで下っていくような状態になると、膝の関節にひどく負担がかかってしまうこともあるために関節痛を引き起こしてしまいがちです。

 

このように運動で関節痛が起きてしまってもそのまま何も対処せずに続けてしまったら、そのうち運動はもちろん歩いたり食事を摂るなど日常の動作さえもできなくなることが考えられるため、何らかの対策を行って関節痛を改善させることが重要になってきます。

運動によって起きた関節痛への対策について

運動によって起きた関節痛については、症状がひどくなければ一旦運動をやめて安静にすることで改善されることもありますが、すでに歩けないくらいに関節痛が起きていたりすれば自分では対処できないため、専門機関での治療が必要になります。

 

整形外科や接骨院を受診して関節痛の原因についてきちんと把握をしたうえで治療を受けることになりますが、関節痛のひどさや治療内容によってはかなりの期間を要することもあります。

 

そして関節痛がある程度治まった後に再び同じような症状を引き起こさないためにも、その後は無理のない範囲での運動を心がけたり運動をする前にストレッチをするなどして関節痛になりにくい状態を作っておくことが重要になってきます。

 

特定のスポーツを継続したい場合には、まずそのスポーツをするために必要な筋肉を身に着けることを優先して筋トレなどを行う必要もあるのです。

関節痛に効果がある有効成分とは?

人間の関節なのかで、もっとも負担がかかるは、膝だと言われています。
膝関節は、普通に歩行する際にも体重の3倍もの加重がかかっています。

 
そして、走っている時には、なんと体重の約10倍もの荷重がかかっているのです。
それだけ、負担が大きく、関節痛にもなりやすい場所なのです。

 
ここでは、膝の関節痛になる原因と、治療に必要な有効成分についてお話します。

◆関節痛はどうして起こってしまうのか?

関節痛が起こってしまうのは、関節に強い荷重がかかるためです。
関節は骨と骨とが直接ぶつからないように、軟骨でクッションの役割を果たしています。

 
しかし、度重なる荷重により軟骨が磨耗すると、どんどん磨り減ってしまいます。
やがて、軟骨がクッションの役割を果たせなくなり、骨と骨とが直接ぶつかることで痛みが発生するのです。

 
また、加齢によって足の関節回りの筋肉量が減ることで、関節への圧迫が増加します。
そのせいで神経を圧迫して、関節痛へとつながっていくのです。

 
つまり、関節痛をケアするには、筋肉の減少と神経への圧迫の両方を解消する必要があるのです。
そのための有効成分には、どんなものがあるのでしょうか?

◆関節痛を治す有効成分とは

関節痛を改善するには、単純に軟骨だけを再生すればいいという訳ではありません。
弱った筋肉の再生と血行の促進、そして神経の痛みの緩和が必要です。

 
そのためには、関節のエネルギー産生を高める「フルスルチアミン塩酸塩」「ニコチン酸アミド」「パントテン酸カルシウム」が有効です。
これらの成分は、関節組織の代謝を促し、筋肉の再生をサポートします。

 
また、血行を改善する為に「ニコチン酸」「コハク酸トコフェロール」が抹消血管を拡張するため、改善効果があります。

 
そして、「シアノコバラミン」「ガンマオリザノール」などが、神経に働き、痛みを緩和してくれます。

 
全身の関節痛や手足のしびれがある場合は、これらの有効成分が含まれている医薬品の摂取が有効です。

 
「筋肉の再生と代謝の向上」「血行促進」「神経の正常化」の3点で、関節痛を緩和します。

◆まとめ

人体の関節の中でもっとも負担がかかるのは、膝関節です。
膝関節は、立ち上がったり、歩行する際に使うので、この部分が関節痛になるととても辛いですよね。

 
膝の関節痛を改善するには、普段からの生活習慣と、関節痛改善のための医薬品の摂取がかかせません。
有効成分がしっかり配合されている医薬品を摂取して、関節痛に悩まされない快適な毎日を送りましょう。

リハビリの意味と期待できる効果

関節痛になってしまっても、不安に思うことはありません。正しい方法でリハビリを行うことにより、痛みを軽減していくことができます。

 
今回は、病院に通いリハビリを行う意味とその効果について紹介していきます。

■病院でのリハビリは関節を傷めません

病院では、医師や理学療法士が関節の状態にあったリハビリメニューを考えています。

 
一人でリハビリを行っても、痛みの軽減効果があると考えてしまいがちですが、実際には関節や軟骨に負担のないようなメニューを考えなければいけません。ただ単に体を動かしたとしても、効果は薄くなってしまいます。

 

 

また、関節の状態を理解しないままリハビリを行ったとしても、痛みは増してしまいます。

 
医師や理学療法士は、関節の状態を把握しその時にあったリハビリを行ってくれます。臨機応変に対応することができるので、痛みも順調に改善することができるのです。

■リハビリを行うといろいろな効果がある

リハビリを行えば、複数の効果を感じることができます。
まず、関節周辺の筋肉を効果的に鍛えることにより、痛みの発生を抑制しやすくなります。

 

筋肉がついてくることで、関節や軟骨をがっちりと包み込んでくれるので、すり減りを防止しやすくなるのです。運動法が分からない人も、医師の指導を守ることで正しく改善していくことができるでしょう。

 
また、体を動かす機会が多くなれば、体重を減らす効果も期待できます。
体重が重いと、関節にも大きな負担がかかってきます。全体重が歩くたびに関節にかかってしまうため、いつも痛みを感じてしまうのです。リハビリを行えば、運動していく中で体重を減少しやすくなり、痛みも感じにくくなります。

 
また、医師の指導により食事の制限も行えるようになり、無理なくダイエットに成功できるでしょう。

■リハビリは医師との疎通が大事

リハビリは、医師や理学療法士から言われた通りにおこなっていればいいと考えがちです。ただ、自分の体なので気になる点は積極的に聞くように心がけましょう。

 
リハビリを行っていく中で、その意味に疑問を感じたり、関節の状態が悪くなることも出てきます。この変化があっても医師や理学療法士に内緒にしてしまうと、改善の見込みがなくなってしまいます。

 

医師と日頃から意見の交換を行っておけば、体調をその都度伝えやすくなってきたり、疑問に思うことも聞きやすくなってきます。
この交流があれば、医師も今後のリハビリ計画を立てやすくなるでしょう。