関節痛に効果がある有効成分とは?

人間の関節なのかで、もっとも負担がかかるは、膝だと言われています。
膝関節は、普通に歩行する際にも体重の3倍もの加重がかかっています。

 
そして、走っている時には、なんと体重の約10倍もの荷重がかかっているのです。
それだけ、負担が大きく、関節痛にもなりやすい場所なのです。

 
ここでは、膝の関節痛になる原因と、治療に必要な有効成分についてお話します。

◆関節痛はどうして起こってしまうのか?

関節痛が起こってしまうのは、関節に強い荷重がかかるためです。
関節は骨と骨とが直接ぶつからないように、軟骨でクッションの役割を果たしています。

 
しかし、度重なる荷重により軟骨が磨耗すると、どんどん磨り減ってしまいます。
やがて、軟骨がクッションの役割を果たせなくなり、骨と骨とが直接ぶつかることで痛みが発生するのです。

 
また、加齢によって足の関節回りの筋肉量が減ることで、関節への圧迫が増加します。
そのせいで神経を圧迫して、関節痛へとつながっていくのです。

 
つまり、関節痛をケアするには、筋肉の減少と神経への圧迫の両方を解消する必要があるのです。
そのための有効成分には、どんなものがあるのでしょうか?

◆関節痛を治す有効成分とは

関節痛を改善するには、単純に軟骨だけを再生すればいいという訳ではありません。
弱った筋肉の再生と血行の促進、そして神経の痛みの緩和が必要です。

 
そのためには、関節のエネルギー産生を高める「フルスルチアミン塩酸塩」「ニコチン酸アミド」「パントテン酸カルシウム」が有効です。
これらの成分は、関節組織の代謝を促し、筋肉の再生をサポートします。

 
また、血行を改善する為に「ニコチン酸」「コハク酸トコフェロール」が抹消血管を拡張するため、改善効果があります。

 
そして、「シアノコバラミン」「ガンマオリザノール」などが、神経に働き、痛みを緩和してくれます。

 
全身の関節痛や手足のしびれがある場合は、これらの有効成分が含まれている医薬品の摂取が有効です。

 
「筋肉の再生と代謝の向上」「血行促進」「神経の正常化」の3点で、関節痛を緩和します。

◆まとめ

人体の関節の中でもっとも負担がかかるのは、膝関節です。
膝関節は、立ち上がったり、歩行する際に使うので、この部分が関節痛になるととても辛いですよね。

 
膝の関節痛を改善するには、普段からの生活習慣と、関節痛改善のための医薬品の摂取がかかせません。
有効成分がしっかり配合されている医薬品を摂取して、関節痛に悩まされない快適な毎日を送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です